結党50年の「公明党」が目指す日本再建

そこで公明党 チームで動く。だからできる。

公明党は、2014年に結党50年を迎えます。 地域の声・国民の声を実現できる政党が求められる中で、 私たち公明党にできること――わが党の特長である地方議員、 党員、支持者の皆さまを含めたネットワークを生かし、 チームとして政策を実現する――を着実に進めながら、 日本の再建に努めてまいります。

永遠の原点The ecerlasting origin

一、「大衆とともに語り、大衆とともに戦い、大衆の中に死んでいく」という立党精神こそ、公明党のアイデンティティー(原点)であると考えます。そしてその原点は限りない勇気と力と叡智の源であり、民主政治の精髄でもあります。私たちは常にこの原点に立脚し、「日本の柱」たらんとする決意に立ち、自己研鑽に励み、どこまでも誠実・清潔・正義の党として戦います。

一、 時代の変化は急激で、加速度的です。日本も世界も大転換の時を迎えており、この5年で今世紀の流れが決まるかもしれません。その中で私たちは常に国民の側に立ち、行動し、変革し、勝利の大いなる基盤を築くために力を尽くします。

人間力の開発と発揮Decelopment and display of the human being power

一、私たちは21世紀において活力ある日本の再生と持続可能な発展を図るために、真の「人間主義」に立脚し、どこまでも人間から出発する社会、人と地域が輝く社会を目指します。

一、国民のだれもが素晴らしい個性・能力・創造性などの「人間力」を秘めています。国民一人ひとりの「人間力」の十全な開発と発揮こそが国力の源であり、イノベーションや文化創造の根本です。

行動と連帯の世界へTo the world of an action and the solidarity

一、人々の生活は家族から地域、そして国、さらに世界へと同心円状に広がっています。私たちはそれぞれのコミュニティーを大切にするだけでなく、「地球益」「人類益」も重視。対話を通じて、共生と寛容の道徳的気風を育むことに努めます。そして、日本がソフトパワーによって世界を「人間主義の大世紀」へとリードできるよう、公明党が率先して役割を果たします。

一、私たちは深刻度を増す地球的な問題を解決するため、「人権」「人間開発」「人間の安全保障」「持続可能な発展」「文明間の対話」の理念のもとで、先頭に立って行動します。また、国際社会のなかで日本が関係各国と相互に信頼を深めること、アジアの共生と統合を進めること、太平洋の懸け橋となることに貢献します。