理念 おかもと陽子からのごあいさつ

宗像市議会員 おかもと陽子

女性の視点で、市民の皆様のために働きます!

はじめまして。おかもと陽子です。私は、長年ここ宗像市を中心に医療、看護、教育の仕事をしてまいりました。大学院にて母性看護学や、女性のワークライフバランスについて学生に教授した経験を生かし宗像市議会議員として人の役に立つ仕事はもちろん、女性が安心して働ける環境づくりに取り組んでまいります。これからも、悩みや苦しみに寄り添える子育て支援について考え、宗像が子育てしやすいまちになるよう努力してまいります。 また、九州北部豪雨災害の教訓を生かした災害に強いまちづくり、安心して暮らせる医療福祉の充実化も実施。この豊かな自然と歴史を持つ宗像市で、子どもたちから高齢者の方まで笑顔で暮らせるまちづくりのため、市民の皆さまに寄り添いながら全力で取り組んでまいります。何卒、よろしくお願い申し上げます。

政策 おかもと陽子の挑戦

守りたい!地域(あなた)の生命、生活を!
子育てから介護まで経験を活かし健康支援の充実を

災害に強いまちづくりを!

街並み
安全・安心なまちづくり!
  • 通学路の安全対策の強化(小学生から“自分の身は自分で守る”意識を高める)
  • 高齢者や障がい者の交通・買い物などの対策を推進
「命を守る」社会資本の整備!

防災・減災の観点で、老朽化した橋・道路・上下水道や学校など
公共施設の点検・整備を推進

子育てしやすいまちづくり!

保育園児
女性の「働きたい!」を応援!
  • 女性が働きながら子育てできる体制、男性が子育てに協力できる体制づくり
  • 保育園待機児童をゼロへ
  • 保育士待遇の向上改善
  • 病後児保育の充実を
  • 地域で子育てができるマイタウン育児システムの推進

安心して暮らせる医療福祉の充実へ!

トレーニングジム
新しい福祉を実現!
  • 健康な高齢者を増やす40~50代から介護予防、生活習慣病の予防、うつ病などの心の問題への取り組み
  • 認知症を早期発見するための設備の導入
  • 介護する人の健康管理システムの確立

女性の豊かな心身を育む健康教育を!

空を見上げる女性
潤いのある文化・教育都市に!
  • 文化・芸術に親しめる環境の整備
  • 家庭と地域と学校の三者一体での教育力アップ体制(母子家庭、いじめ等、 本人だけでなく家族をサポートするシステム)づくりの推進
  • 若年性ガンの増加に伴い、100%の検診を目指し早期発見を
  • 女性専門外来の活用

市民の声が届く行政を目指して!

3世代家族
徹底したムダ排除を!

行政と市民との情報共有」で行財政改革を推進

    市民に開かれた議会を!
  • 議会報告会の継続と、議員同士の政策討論会の推進
  • 通年議会の開催

おかもと陽子プロフィール

昭和34年6月17日 徳山生まれ
昭和49年3月 徳山市立久米小学校 卒業
昭和51年3月 徳山太華中学校 卒業
昭和53年3月 中村女子高等学校 卒業
昭和51年3月 九州大学医療技術短期大学部 助産学
特別専攻学科 卒業党宗像市委員
家族構成 夫、2女・1男、母の6人家族
好きな作家 東野圭吾
好きな作家 アロマテラピー、油絵
座右の銘 即今只今(そっこんしこん)
千里の行も足下に始まる
好きな食べ物 韓国料理
職歴 資格
日立製作所(下松笠戸工場)附属病院
九州大学医学部付属病院
宗像市健康づくり課臨時職員
ママと赤ちゃんの相談室「安暖手」開設を経て
平成18年9月福岡看護専門学校勤務
看護師
助産師
受胎調節実地指導員
思春期保険相談士
国際インファントマッサージ協会インストラクター
実績 おかもと陽子ストーリー
出産・育児サポート500回以上!
「陽子」という名前の通り、明るく活発な幼少時代を過ごしました。「人の役に立つ仕事に!」と福岡の医療系短大を卒業。看護師、助産師として社会の第一歩を踏み出します。携わった出産・育児サポートは500回以上にも及びます。
約350名の看護師を社会に!
結婚後、専業主婦として10年間家事と育児に専念。義母の介護等の経験を通して人の心の痛みを深く理解できるようになりました。そして、悩み苦しむ人のため、もう一度社会で役に立ちたいと復帰を決意。平成11年から宗像市健康づくり課に所属し、お母さんの子育てをサポート。その後、看護学校教員として約350名の看護師を社会に送り出しました
“幸”齢社会を目指して!
専業主婦から再就職をした経験の中で、女性の社会進出の必要性を実感。働きながら安心して子育てできる「ワークライフバランス」の取れた環境、元気で健康な“幸齢”社会を目指して、おかもと陽子は全力で取り組んでいます。